バリアフリー電子書籍

トップページ > バリアフリー電子書籍

あたま出版はバリアフリー電子書籍の普及に取り組みます

私たちは今は健康で視力も十分にあります。いつでも自由に本やインターネットの文字を読んで楽しむことができます。でも、いつ何どきどんなきっかけで視力を失うかはわかりません。また、年をとれば視力はどんどん衰えてゆきます。

バリアフリー電子書籍は、「おとしよりも障害のある人もない人も子供も大人もどんな人でも楽しめる電子書籍」。あたま出版では発刊全タイトルをiOS、Androidの読み上げ機能に対応する形式でリリースする予定です。
また、あたま出版は「おとしよりも、障害のある人もない人も、大人も子供もみんなが同じ本を読んで楽しめるあたたかい世界」の実現を目指して、バリアフリー電子書籍の普及を進めてまいります。

参考サイト:
立命館グローバル・イノベーション研究機構(R-GIRO)研究プログラム「電子書籍普及に伴う読書アクセシビリティの総合的研究」IRIS(Integrated Research of Accessible Ebooks: Interfaces & Services)webサイト