弊社良好書のご案内『人生を左右する陰陽の法則』

*いままで間違った選択をしたことがない方・これからの人生に不安が全くない方は決して読まないでください。
<多数の有名サイトで紹介された話題の新刊>

「これから自分の人生はどうなっていくんだろう?」
「あの選択は正しかったんだろうか?」
「AとB、どっちを選べばいいんだろう?」
「進むべきか、やめるべきか……」

人生にはいくつもの選択肢があり、
分かれ道ではいつも悩みや迷いがつきもの。
いつでも最良の選択をしたいですよね。

いよいよ今年もあとわずか。

来年は、再来年はどうなるのでしょう? 

今後の人生を良い方向へ導くには?

新進気鋭の気学鑑定士・浅沼元琉師が
古代の人々が編み出した知恵の結晶・易(えき)と
ゲーテの「色彩論」から
“人生の法則”をシンプルに読み解きます。

法則がわかれば、
あなたも最良の選択ができるようになります。

 

『人生を左右する陰陽の法則』

人生を左右する陰陽の法則
目次
   はじめに              
   易の読み方
   本書の読み方
(第一章)陰陽五行
    そもそも易とは     
    陰陽のさまざま
    五行とは   
(第二章)八つの気
    八つの気
    八卦を読む前に
    乾(救う)                     
    兌(悦ぶ)                       
    離(離れる)    
    震(震える)
    巽(従う)
    坎(結ぶ)
    艮(継ぐ)          
    坤(育てる)        
(第三章)表と裏でバランスを取る
    先天図と後天図の不思議     
    バランスは対冲にあり
    内なる自分と外なる自分
    表と裏の世界をどう見るか
    離と坎に見る表と裏の世界 
    巽の影響力
    反作用から学ぶこと
    同じものの異なる姿
(第四章)易経を読む
    向きあう二人と仲違いする二人              
    謙はこの世で一番強い
    吉と凶
    主語のない世界
    流れに任せる
    十年用うるなかれ       
(第五章)縦の力と横の力
    縦の力と横の力     
    自利の気と利他の気
    作為しない
    祈りの気
    離と坎のバランス 
    さまざまな利他
    ゲーテの「色彩論」に学ぶ
(第六章)易から学ぶこと
    象意の不思議
    完全を求めない
    なぜ迷うのか
    可能性の枝分かれ
    最も美しい響き  
    過ぎてしがみつくこと 
    ゲーテ『色彩論』注釈       
    参考文献
    あとがき              

著者略歴
浅沼 元琉(あさぬま・げんりゅう)

一九六七年  
十二月七日 名古屋市生まれ。岡山県総社市出身。

一九九〇年  
中央大学文学部独文学科卒業。株式会社紀伊國屋書店に入社。 
         
二〇一〇年  
紀伊國屋書店の加古川店、富山店、岡山店の店長を歴任後、退職。
退職後、師に就き、気学を本格的に学ぶ。

二〇一三年
易学と気学を融合した理論を構築し、気学鑑定士として活動を始める。