台湾で「日台の絆の象徴」八田與一像の頭部切られる 

台湾で「日台の絆の象徴」八田與一像の頭部切られる ダム建設指導の技師

【台北=田中靖人】台湾南部・台南市の烏山頭ダムで16日早朝、日本統治時代に同ダムの建設を指導した日本人技師、八田與一の銅像の頭部が切られているのをダム関係者が発見、警察に通報した。複数の台湾メディアが伝えた。八田の功績は台湾の民主化以降、日台の絆の象徴とされており、ダムには日本人観光客も訪れる。

 台南市の警察当局によると、頭部は持ち去られたとみられる。台南市の頼清徳市長は、迅速な捜査と像の修復を指示した。
 八田は1920(大正9)年から10年かけて同ダムを完成させ、嘉南平原を台湾最大の穀倉地帯に変えた。同所では毎年5月8日の命日に慰霊祭が開かれている。八田の功績は李登輝総統時代に再評価が始まり、2007年には陳水扁総統が褒章を授与、馬英九総統も就任前の08年の慰霊祭に出席している
日本国内では神社仏閣に油などの液体をかけたり記念像などが毀損される事件が頻発しています。台湾でも残念なことに八田與一像の頭部が切り取られるという事件が発生しました。
非情に残念かつ憤りを覚える事件です。
犯人の早期逮捕と今後再発しないことを願います。