「学芸員はがん」発言と富山市議選・・・ふたつの「悪い冗談」

「学芸員はがん。連中を一掃しないと」 山本地方創生相
 山本幸三・地方創生相が16日、大津市内のホテルで開かれた滋賀県主催の地方創生セミナーで、文化財観光の振興をめぐり見学者への案内方法やイベント活用が十分でないことを指摘し、「一番がんなのは学芸員。普通の観光マインドが全くない。この連中を一掃しないと」と発言した。
 学芸員は博物館法で定められた専門職員で、資料の収集や保管、展示、調査研究などを担う。今回の発言はセミナーでの講演後、滋賀県長浜市藤井勇治市長から「インバウンド観光振興について助言を」と質問された際にあった。外国の有名博物館が改装した際のことを引き合いに出し、「学芸員が抵抗したが全員クビにして大改装が実現した結果、大成功した」などとも述べた。
 セミナー後の記者会見で、山本地方創生相は「新しいアイデアに、学芸員は『文化財だから』と全部反対する。学芸員だけの文化財でやっていると、これから観光立国で生きていくことができない。『一掃』は言い過ぎたが、観光マインドを持って観光客に説明することを理解してもらわないと困る」と釈明した。
 山本地方創生相は、衆院福岡10区選出で当選7回。
 一方、愛知県内の美術館に勤務する学芸員は、美術館も博物館も、どうしたら来館してもらえるかを真剣に考えている学芸員は多いと反論する。「政府の経済至上の発言を聞くと、集客の少ない小規模館は切り捨てられるのではないかと不安になる」と話した。(岡本洋太郎)
ガンは学芸員ではなく、この大臣です。
そもそもこの大臣は学芸員の職務を知らずに発言しているのでしょう。
学芸員は、博物館資料の収集、保管、展示及び調査研究その他これと関連する事業についての専門的事項をつかさどる(博物館法第4条第4項)。一般に、学芸員が行う職務の類型は、研究・調査、収集・展示普及、保存・管理とされ、展示普及においては社会教育施設における教育従事者としての立場も含まれる。

山本大臣は博物館とディズニーランドやUSJなどと混同しているのでしょうか。文化財等に関心がないのかも知れません。
一掃すべきは学芸員ではなく、この手の議員でしょう。

同大臣は翌日発言を撤回しましたが、一度口から出た言葉は消えません。
山本氏は進退について「全力を挙げて地方創生などを頑張っていきたい」と記者団に述べ、引き続き職責を果たす意向を示した。
悪い冗談としか思えません。
政活費不正関与の5人当選3人落選 富山市議選、自民が過半数維持
計4千万円を超える政務活動費の不正が発覚し計14人が辞職した富山市議会(定数38)の任期満了に伴う市議選は16日投開票された。焦点となった不正に関与した候補計8人のうち、元職と自民党現職2人の計3人が落選。自民現職5人が当選した。自民は引き続き過半数を維持したが、トップ当選は共産党候補だった。
 富山で問題が発覚した昨年8月以降、各地で不正が表面化し、地方議会の在り方が問われた。投票率は47・83%で、前回2013年市議選を5・22ポイント下回った。定数は今回から2減し、58人が立候補する激戦となった。
 関与した8人の内訳は、不正を認め辞職し自民党を離党した元職浦田邦昭氏(70)と不適切使用を認めた自民現職7人。
 浦田氏は、不正で辞職した14人の中で唯一の立候補だった。敗戦決定直後、選挙事務所に現れた浦田氏は憔悴し切った表情で「予想以上に大逆風を感じた」と述べた。領収書の改ざんなどで政活費を返還した自民現職吉崎清則氏(53)は、落選が決まると選挙事務所に集まった支持者にくり返し土下座。「このような結果になり無念です」と、声を絞り出した。
 党派別当選者は、不正関与の5人を含めた自民党22人、民進党1人、公明党4人、共産党2人、日本維新の会2人、社民党3人、諸派2人、無所属2人。現職31人、新人7人だった。
 富山市議会では昨年8月以降、政活費の不正請求が相次いで発覚し、1カ月余りで12人が辞職。11月の補欠選挙後も2人が辞職した。市民団体が浦田氏ら元市議4人を詐欺容疑で告発。富山県警の捜査が続いている。
こちらは厚顔無恥な議員、候補者と懲りない有権者。
悪い冗談でしょう。