応援したくなる選手

「ジャンプの船木」百貨店でパイ売り 現役続行の陰で
スキージャンプの長野五輪金メダリスト、船木和喜さんは従来型の支援体制から飛び出し、42歳のいまも現役選手として飛び続けている。アップルパイの販売を手がける経営者としても、後進の支援に独自のスタイルを模索する。東京五輪が3年後に近づくなか、スポーツ選手を支え、育てる体制は十分なのだろうか。
■パイの重さ、金メダルと同じ
――いま、年に十数回は全国の百貨店を回り、催事場でアップルパイを売っていますね。山形の百貨店では冗談を交えて気さくに声をかけ、船木さんと知ったお客さんが驚いていました。
「ジャンプの後輩の就職先になればと、仲間と一緒に2008年に食品の卸を始めました。故郷の北海道余市町産のリンゴを使って何かできないかな、と。パイはつくるのに手間がかかるので、やる人は少なかった。競合しないので、入りやすかったですね」
――五輪金メダリストの肩書は、通用しますか。
「『ジャンプの船木』と言えばわかってもらえましたが、最初は信用がなく、催事場への出店契約はすぐには結べなかった。いまも、売り上げは厳しいところは厳しい。僕が行かなかったら、売れませんから。パイの味や形には苦労しましたが、お客さんや百貨店の方に『君にしかつくれないものをやっては』とアイデアをもらいました。パイの重さは、長野五輪の金メダルとほぼ同じです」
――売り上げで、ジャンプをやる子どもたちを支援しています。
「道具にお金がかかるので、親の負担を少しでも減らせればと。スーツやヘルメットなどのスポーツ用品を贈り、これまでに6500点を超えました。売り上げには波がありますが、利益が出てもゼロになるよう道具を贈っています。北海道江別市には、小さなジャンプ台を手作りで整備しています。子どもが競技を始めるきっかけにしたい」
――なぜ、独自に?
「長野で金メダルを取りながら何もしていない、という恥ずかしさが原点です。1972年の札幌五輪で金銀銅のメダルを独占し、日の丸飛行隊と呼ばれた笠谷幸生さん、金野昭次さん、青地清二さんに『五輪後にどういう活動をしましたか』と長野五輪の後、1人で聞きに行きました。国に働きかけ、北海道では学校の校庭に小さなジャンプ台ができ、競技人口が増えたそうです。長野の団体金メダルメンバーは4人なので『俺たちより、もっとできる』と励まされました。子どもが減っている時代、このままだとメダルの取れない国になる危機感を持ちました」
■利益上げないと支援できない
――現役選手のまま、次世代を支援する。葛藤はありますか。
「まだ飛んでいるんだと言われるのは、嫌でしたね。僕、格好つけでしたが、引退は別の話と思い始めてから、考え方が変わりました。プライドといった問題ではなく、利益を上げないと子どもたちを支援できないと」
朝日新聞社
メディアに出演したり解説者やタレント、あるいは協会で働いて競技に携わることが出来るスポーツ選手は、オリンピック出場経験者を含めてもごく一部です。
多くは競技とは無関係の仕事に就き、中には就職がうまくいかず生活が苦しくなる選手もいます。費用があまりかからない競技がある一方、道具や備品、練習場、遠征等の移動等で莫大な費用がかかる競技もあります。
このニュースを読んで、船木選手を応援したい気持ちになりました。