「理由」の見えない合流

永田町がにわかに慌ただしくなっています。衆議院の解散が決定、総選挙が行われることになりました。
小池百合子・東京都知事率いる新党が「希望の党」という名前になって衆議院でいくつかの議席を獲得できるかどうかという段階から、民進党や自民党等から現職衆議院議員が合流、そして日本のこころが党丸ごと合流へ。
すると今度は野党第一党の民進党までもが合流へというニュースが。さらに小沢一郎氏率いる自由党も合流を表明するなど、わずか数日で急激に希望の党が膨れ上がりました。
選挙戦を冷静に考えると、中山恭子参議院議員率いる「日本のこころ」は生き残るためにはこの判断は仕方ないと言えます。同党支持者の多くは批判しています。「自民党に合流すべき」という意見も多数あります。仮に自民党に受け入れられたとしても、前回圧勝した自民党から立候補できる選挙区がどれほどあるでしょうか。どこかの選挙区が空いたとしても、長年築いてきた地盤を手放して全く縁のない場所で一から票集めをするのは困難でしょう。その選挙区の支部も扱いやすい新人候補と違い一癖も二癖もあるベテランを受け入れるかどうか。新人と異なり、ここが非常に難しい点です。希望と現実は異なります。
自由党が合流するのも、次の選挙で生き残るには仕方ないと言えるでしょう。代表があの小沢一郎氏ですから、またもやかき回して破壊することになるかも。
多くの問題を抱え往時の勢いがないとはいえ、野党第一党の民進党が希望の党に合流するのはどうしてなのでしょうか?
総選挙を戦う準備が不足しているとか、民進党の集票力・人気がダウンし議席を大幅に減らす可能性が大きいこと、前原誠司代表が掲げる「安倍政治をどんなことをしても止める」ためであるにしても、どうも腑に落ちません。
こう言っては失礼ですが大スターとまではいかない小池百合子代表と若狭勝衆議院議員や細野豪志衆議院議員では人気も資金力もそれほどではないことは、十分わかっているはず。いわゆる「小池新党・都民ファースト」ブームは首都圏限定であり地方ではさほどではありません。また、急に合流を決定したことで民進党の支持団体が離れていくリスクが十分あります。
なのに、どうして希望の党に合流するのでしょう?
隠れている「そうすべき理由」があるのでしょうか。
合流して大きなグループで総選挙に臨んだ結果、元の議席を上回ることが出来るかと言えば、どうしても疑問符を付けざるを得ません。
そして、おそらく共産党が漁夫の利を得て、議席を増やすでしょう。