デザインはもっと自由に

日産自動車が国内全ての車両組立工場で資格のない従業員が完成検査をしていたという、にわかには信じ難い問題が明らかになりました。いつから常態化していたのか悪しき企業体質かはわかりませんが、由々しき問題であることは間違いありません。
ここ数年、わが国の自動車業界を見て気になることがあります。それは、デザイン。
欧州の自動車メーカーの多くはほぼ全車種を統一感あるデザインにしています。同じ時期に販売している車であるなら小型車であれ最高級セダンであれ、流行のSUVであれ、ある程度車に興味のある人なら一目でどこのメーカーかわかります。ベンツにしてもBMWやアウディにしても車種はわからずとも一瞬でわかってしまいます。
車種によっては、統一感を意識しすぎるあまり、とってつけたような奇妙なデザインになっていることもあります。デザイナーにとっては面白味に欠けるだろうなと勝手に思ったりします。個人的にはジウジアーロやガンディー二、ピニンファリーナなど有名工業デザイナーの意欲作を見てみたいのですが。
欧州車のこのような傾向が数年前から日本にも上陸しています。トヨタは独特の大きな口を開けたようなグリル。ホンダはヘッドライトと一部グリル等、マツダはフロントのみならず全体的に同じようなデザインに。ほぼ全車見分けがつきにくいくらいに似通ったデザインになってきています。日産もフロントグリル部に「U」に似たデザインを、スバルはフロント部のデザインが似通ったデザインに。
流行といえばそれまでですが、好評よりも不評の方が多いような気がします。かくいう私も最近の日本車のデザインは好きではありません。かっこよさよりも違和感の方が多く、デザインの自由度を下げ面白味や意外性を排除しているように思えます。各社のデザイナー達は頭を抱えているのではないかと余計な心配をしてしまいます。
かつて日産が「Be-1」や「Pao」等いわゆる「パイクカー」をいくつも世に出し、他のメーカーも面白味のある車を製造販売しました。それらの多くは販売が終了して10年以上経ってもユーザーに愛され続けています。
効率も使い勝手の良さやカッコよさも自由度の高いデザインがあってこそ。法的な制限や燃費、予算等の縛りがあるのは仕方ないにせよ、もう少し考えて欲しいと思っています。