次世代型と“究極のエンジン”

台湾から「スマートスクーター」が日本上陸 6秒でバッテリー交換できる
 電動スクーター関連事業を世界展開する台湾Gororo(ゴロロ)と住友商事が、戦略的パートナーシップの締結を発表した。日本でも今年度中に試験サービスを開始する。
まずは沖縄県石垣島で、電動スクーターのシェアリングサービス「GoShare」をスタート。来年度以降、電動スクーター自体の販売などシェアリング以外の展開も含め、他の都市にも広げる予定だ。
 Gororoは、2015年にバッテリー交換式スクーター(スマートスクーター)と交換式バッテリー用充電ステーション(GoStation)を台湾全土で販売開始。スマートスクーターの累計販売台数は3万4000台以上、GoStationの設置数は421カ所以上に達する。
 Gororoのスマートスクーターは、満充電状態で連続100km以上の走行が可能だ。ユーザーはバッテリーが減ってきたらGoStationに立ち寄り、スマートバイクの座席下に格納されたバッテリーを交換する。使用中のバッテリーと、GoStationにある満充電状態のバッテリーの交換は6秒ほどを目安に完了する簡易さがウリの1つだ。
 台北ではGoStationが平均1キロ間隔で存在し、バッテリー切れの心配なく利用できるという。GoStationは、コンビニの店頭や大学構内など、利用者が多くアクセスしやすい場所に重点的に配置されている。
ソーラーパネルで給電するGoStationもある。
 台湾以外では、ベルリンやパリでシェアリングサービスを展開済み。台湾同様に2輪バイクの利用が活発なインドネシアやインドなどではスマートバイクを販売するモデルで展開するなど、国や地域の実情に合わせたサービス形態を展開していくという。
 Gogoroのホレイス・ルークCEOは、「Gogoroはバイクメーカーでもバッテリーメーカーでもない。GoStationを核としたプラットフォーム事業者だ」と強調する。他社の参加にもオープンで、「バイクメーカーはもちろん、バッテリー駆動の乗り物なら何にでも対応できる柔軟さが強み」(ルークCEO)という。
 2輪バイク需要が低迷する日本で、どういった展開を見せていくのか。まずは石垣島での始動を待ちたい。
ガソリンからハイブリッド、そして電気へ。自動車もバイクも電動へとシフトしつつあります。電気は排気ガスのような大気汚染がなく燃費も安く済むのが大きな利点ですが、走行可能距離と充電時間がネックです。
このスクーターはバッテリーを交換、その時間はわずか6秒ほどと言いますから驚異的な速さです。走行距離も100km以上ですから実用性において問題ないでしょう。
石垣島での売れ行き等によっては広く日本国内でも販売されるでしょう。これは楽しみです。
マツダが新型コンパクトに世界初のガソリン圧縮着火エンジン搭載で2019年投入
コンパクトハッチバックコンセプトは新型「アクセラ」か
マツダは、内燃機関の究極のカタチを実現する為、SKYACTIV-Dを市場導入した5年前の2012年から開発を始め、世界で初めて実用化に目処を立てたガソリン圧縮着火制御技術を採用した次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」を、次期型アクセラに搭載することが明らかになった。
このSKYACTIV-Xの市場導入時期については2019年とすでにマツダがアナウンスされていることから、搭載車は2019年に登場することになる。
SKYACTIV-Xは、ディーゼルの燃費・トルク・レスポンスの良いところと、ガソリンの出力・暖房性・排気浄化性の良いところを併せ持ち、いいとこ取りをした究極のエンジンと言われている。
特に燃費では、普通に日常使う範囲全体で燃費効率が上がっているので、エコ運転を意識せず、誰がどんな走りをしても燃費は殆ど悪化しないで済むという。
また、人間中心の思想を突き詰めて各機能を最適化した次世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」も採用。シート、シャーシ、ボディ、さらにはタイヤまで、乗員の頭の動きを抑えた上質な乗り心地、EVのような静粛性など全方位で飛躍的に洗練されたダイナミクス性能も実現している。
さらに、マツダの次世代商品群に採用してきた魂動デザインをさらに深化させた、次世代デザインを採用。
次期型アクセラは、今後導入される次世代商品群の先駆けとして、マツダの次世代技術と次世代デザインを融合したコンパクトハッチバックモデルとなる。
新型アクセラのコンセプトモデルが初公開される東京モーターショーでは他にも、次世代デザインの方向性を具現化した「次世代デザインビジョンモデル」、2017年12月に国内で発売予定の新型3列シートクロスオーバーSUV「マツダ CX-8」、ダークチェリー色の幌やオーバーン(赤褐色)のナッパレザーインテリアを採用した「マツダ ロードスター」の特別仕様車「RED TOP(レッド・トップ)」を出展。
ロータリーエンジン始め独自の技術力を誇るマツダ。ロータリーエンジンは燃費が非常に悪いため、燃費が売れ行きを大きく左右する現在ではなかなか出番がありません。
トヨタがハイブリッドで業界を席巻し、日産が電気自動車を開発するなど大手が「脱ガソリン」に舵を取りつつある中、中小メーカーは巨額の費用がかかる開発に着手することは非常に困難です。マツダもトヨタと提携し一部の車種にはトヨタ製ハイブリッドエンジンを搭載しています。
そのマツダが「脱ガソリン」ではなく、従来のガソリンを使用したエンジンを究極的に突き詰めたエンジンの開発に成功しました。このタイプのエンジンはこれまで他社も挑戦しましたが志半ばで諦めざるを得なかったものです。それをマツダが今回、「ギリギリのタイミング」で成功したのです。
車好きにはたまらないエンジンを搭載した新型車の登場が期待されます。